Real estate

賃貸について

都会だけでなく、地方でも賃貸物件は多く見られ、多くの人に利用されている。相場はやはり駅に近いなど人気のスポットの料金は高めであるが、都会にくらべて地方は格安である。 地方では駅から距離があったとしても、それほど深刻ではない。なぜなら、車中心の社会だからである。地方では都会ほど交通手段が豊富ではない。そのため車が無いと生活できない。 賃貸物件でも地方だと駐車料金が安いことも選択条件の一部となる。部屋の間取りはもちろん駐車料金込みのトータル家賃で計算されるからである。 地方では都会ほど家賃が高くないため、いずれ家族を持ち、マイホームを購入したいという人も比較的安い賃貸物件からスタートするケースも多く見られる。

地方では賃貸物件よりも一戸建てを持っている人がかなり多い。持家率の調査を見ても上位は地方の都道府県である。 地方では賃貸よりも一戸建ての方が、長い目で見れば得、資産になると見られている。そのため、一時的に賃貸を利用しても、将来的には一戸建てという人がまだまだ多いようだ。 しかし、転勤が多い人などは賃貸の方が便利であることも多い。また、地方はかなり安い物件も多いため、ライフスタイルに合わせて、住居を変えることもできる。 ある都道府県ではワンルームで1万円台のところもある。 今後は年金暮らしのお年寄りも賃貸を利用するケースが増えてくると思われる。これは金銭的な理由だけでなく、1人暮らしだと一戸建てでは広すぎるということも考えられるからである。 将来はより高齢者でも住みやすいような賃貸物件が多く出てきそうだ。